手作りのおみそにカビがこないようにするにはどう保管したらいいですか?

手作りみその場合は、カビを完全に防ぐ事はできません。
おみその表面に付くカビは、仕込んだ直後の1ヶ月の気候に左右されます。


仕込んで1ヶ月は、1~2回フタを取ってみその表面を観察してください。


カビがついていたら薄く削り取り、食品用アルコールをふってください。
そして、容器の内側をふき上げてください。
※削り取った後はおみその品質、味には影響ありません。


おみそが成熟してくると、カビは付きません。

また、仕込み前の容器の消毒、仕込み後のアルコールでの拭き取り、表面へのラップ・アルコールに浸した無蛍光サラシ・塩を載せるといった手順を守っていただくと、カビが付きにくくなります。(入学セットの場合、サラシは必要ありません)

詳しくは、おみその学校に同封のリーフレットをご覧ください。

営業日カレンダー

2024年 4月
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4

発送休み日

最近の記事

  1. 種みそって?

  2. 麹ってふわふわしてるもの?

PAGE TOP